銀座KUSHIMAのこだわり~銀座KUSHIMAが大事にしていること~

銀座KUSHIMAの和食。
それは、型にはまらない食と空間を愉しむということ。

四季折々の便りが感じられる、
新しい和食の形をご提案致します。
遊び心のある食と空間をお楽しみください。

一、装飾のない器

銀座KUSHIMAは
華美な装飾のある器は使用しません。
なぜなら、季節折々の食材そのものの美しさを
最大限に感じていただきたいからです。
純白や無地の器に添えられる
日本の恵みをお楽しみください。

二、落ち着きのある
      モダンな空間

近代建築の三大巨匠と言われる
フランク・ロイド・ライトの照明が特徴的な
個室をはじめ、銀座KUSHIMAでは
伝統とモダンが融合した空間となっております。
黒を基調とした落ち着いた雰囲気の空間で、
大切な方との時間をお過ごしください。

三、接待で小回りの
     利くオーダー

お客様のご要望に柔軟にお応え致します。
アレルギーや食材の好みはもちろん、
外国の方向けの細かいオーダーにも
できる限りご対応させていただきます。

料理長挨拶

料理長 畠中 裕史

1980年、大阪府生まれ。幼少の頃から料理に憧れ料理人を目指す。リッツカールトン東京で活躍中に久島氏と出会い現在に至る。すべてにおいて、丁寧な下処理を心がけ、素材の特徴を最大限に引き出すように工夫。和の料理をあえて洋食器に、洋食のような盛り付けで提供。和と洋のコラボなど目でも楽しめる創作料理の数々で人気を博している注目の若手料理人。2017年8月より料理長に就任した。